売買契約書・賃貸契約書を締結するには、どうすれば良いのですか。

売買契約書・賃貸契約書の作成、締結は当事者間で協議して処理することになります。これは、「西播磨暮らしサポートセンター空き家バンク登録制度設置規定」第12条第1項及び第2項により物件の所有者(管理者)と利用者双方が誠心誠意をもって協議し、売買契約書及び賃貸契約書の締結、さらに、登記手続きをすることになります。従って西播磨暮らしサポートセンターは物件の紹介までで、空き家に関する交渉及び売買契約・賃貸契約につきましては、一切関与いたしません。また、契約等に関する一切の事故につきましても当事者間で解決することになります。後々まで禍根を残さないよう十二分に協議の上処理をお願いします。また、契約の際に専門の宅建業者(宅地建物取引士)に仲介していただくことをお薦めします。

コメントは受け付けていません。